保証人と連帯保証人は全く別物!

保証人という言葉は聞いた事があると思いますが、実は保証人には二種類あるという事はご存知でしょうか?「保証人」と「連帯保証人」は実は同じものではありません。

 

個人でキャッシングを利用する際に保証人が必要という事はほとんどありあせんが、保証人と連帯保証人の違いについては知っておいて損はありません。どのような違いがあるのか覚えておきましょう。

 

保証人とは

お金の借入をする際に立てる人物の事で、借入をした人が借金の返済をできなくなった場合に代わりに借金の返済お行う事になります。

 

保証人のは借入を行った人に支払い能力がない時にのみ支払いの義務が発生します。つまり返済能力がある段階では保証人は借金の偏差義務はありません。

 

連帯保証人とは

基本的には保証人と同じう借入の際に立てる人の事です。当然ながら借入を行った人が借金の返済をできなくなった場合に支払いを行います。しかし、保証人とは異なり借入を行った人と同等の責任を負う形になります。

 

借入を行った人に支払い能力があったとしても、連帯保証人の方が速やかに支払いを行えると判断された場合などに請求されることがあります。借入した人と同等の責任があるわけですから拒否することはできません。保証人よりも連帯保証人の方が責任が大きくなるわけです。

 

キャッシングに保証人は必要?

基本的に現在はキャッシングを利用する際に保証人や連帯保証人は必要ありません。保証人が必要ないため比較的簡単に融資を受ける事ができるということにはメリットもデメリットもありますが、それはまた別の話になります。基本的に必要ないと書きましたが、現在でも銀行からの融資などには保証人の制度が残っています。

 

個人事業主などのキャッシングでも現在は保証人なしで融資を受けられるようになっています。保証人が必要ないからといって借金返済はきちんと行う必要があるのは言うまでもありません。きちんと借入したお金を管理して計画的に返済していくようにしましょう。また、一部では保証人制度が残っているわけですが、その代表的な例としては目的別ローンが挙げられます。目的別ローンとはカーローンやブライダルローンといった使用目的が定められているローンの事で、借入したお金を自由に使うことはできません。

 

こうした目的別ローンでは保証人を立てる必要があります。通常のキャッシングと比べると保証人が必要という時点でハードルが高く感じますが、その反面かなり金利が低くなっています。保証人を立てられるのであればこうした目的別ローンも上手に使って行くと良いでしょう。また保証人をお願いする際には先に述べた保証人と連帯保証人の違いなどについても説明しておくと良いでしょう。のちのちのトラブルを事前に回避できるかもしれません。

 

まとめ

通常のキャッシングでは保証人を立てる必要はありません。しかし一部のローンでは未だに保証人が必要になることがあります。一方で保証人が必要なローンは金利が低く設定されています。キャッシングやローンについての正しい知識を身に付け、上手に使い分けるようにしましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日