不可能ではないが全ては審査で決まる

キャッシングを既に利用中で、まだ借り入れの残高が残っている状態なのに他社からの借り入れはできるのだろうかと思う方もいるかもしれません。既に一社目での限度額に達してしまっているにもかかわらず、急にどうしても資金が必要になった場合に、新たな借り入れができるのでしょうか。キャッシングには必ず限度額があります。

 

この額は最初の申し込みの段階では最小限になっている場合も多く、限度額の引き上げには一定期間返済の実績を積んでいく必要があります。もし収入があって、返済能力があると判断されるのであれば、複数社からの借り入れを行う事も不可能ではありません。審査の際には、他社の借入額の申告は必ずしますし、実際に個人の信用情報への照会で事実確認される事になります。

 

消費者金融では借り入れの限度額について明確なルールが存在していて、収入の3分の1以上の貸付はできない事になっています。ですから、一社で借り入れをしている額が収入の3分の1を超えておらず、まだ余裕があるのであれば消費者金融からの借り入れもできる可能性があります。銀行には総量規制が適用されませんので、場合によっては収入の3分の1以上であっても借り入れができたりする場合もあります。だからといってやみくもに借り入れができるわけではなく、審査でその返済能力の有無をしっかり判断されます。

 

すぐに借入れのできる人気キャッシングはココ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

多重債務に苦しんでる時はおまとめローンの利用

また、既に借金をしている状態で、他社で借り入れをしてしまうと、多重債務に苦しんでしまうリスクもあります。それが返済のための借金として利用されるならばなお、その先の完済には程遠くなってしまう恐れがあります。もしもそのような目的で新たに借り入れを検討しているのであれば、それはキャッシングではなくておまとめローンの利用を検討した方が現実的です。

 

もしも複数社に借り入れがあって、返済が困難な状態になってしまっているのであれば、返済の為に他社から借りるのではなくて、おまとめローンを利用して借金を一本化するのも一つの方法です。そうする事で、金利が低めに設定されているおまとめローンなら無駄に金利を多く払い過ぎてしまう事もなくなりますし、複数の返済日に奔走しなくても済みますから返済がしやすくなります。

 

そもそも借り入れが複数社に及び返済が回らない段階で、自分の資力を越えた生活になってしまっている可能性が高いです。借金を一本化すると、自分で思っていた以上に借りてしまっている事がわかったり、いつになったら返済が終わるのかが明確になるので、生活の見直しにもつながっていきます。そのようにして、まずは借金を少しでも減らせるように努力する事で、多重債務の問題を自力で解決できるのが理想的です。

 

もしも、それでも借金がどうにもならないところまで来てしまっているのであれば、債務整理が必要になっている状態かもしれません。債務整理は安易に利用すべきではありませんが、生活がもう成り立たないのであれば早急に行った方がいい事でもあります。その場合、借金を支払い可能な額に調整したり、支払い方法を変えたり、時には自己破産して借金を一度リセットしたりする事になります。

 

債務整理は個人の力で行う事はほぼ困難ですので、弁護士等へまずは相談して、最適な方法をアドバイスしてもらう事が先決です。仮に過去に利息を払い過ぎている事がわかれば、返金される事もあり得ますので、長年借金を返済し続けているのであれば、無料相談を受け付けている法律事務所などに問い合わせてみましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日