収入証明書が必要になるケース

キャッシングを申し込む時に、状況によっては収入証明書を提出しなければならない人もいます。通常は、借り入れ希望額がそれほど多くないのであれば、収入証明書の提出はしなくても大丈夫ですが、会社によっては提出必須のところもあります。収入証明書とはどのようなものかと言えば、会社員など雇用されている人であれば源泉徴収票が一番確実です。給与明細書でも直近で過去数カ月分を用意すれば大丈夫な場合もあります。この点の詳細に関しては、各社対応はまちまちですから事前に確認が必要です。

 

キャッシングは法人の利用はできませんが、自営業やフリーランス等の個人事業主であれば利用できます。ただし、キャッシングの利用条件として安定した収入が挙げられています。会社員と違い、個人事業主というだけでどうしても不安定と捉えられてしまうので、条件に関わらず収入証明書を提出しなければなりません。その場合には確定申告書がそれに該当しますが、証明するのに有利な年収があるのであれば、過去数年間の確定申告書も合わせて用意しておくとより安心かもしれません。

 

すぐに借入れのできる人気キャッシングはココ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

収入証明書を提示しなければならない場合

消費者金融では、収入証明書を必ず提示しなければならない基準が明確にあります。当初に希望する借り入れ限度額が50万円以上になるか、他社からの借り入れ残高と希望している限度額の合計が100万円以上ならば必ず収入証明書が要ります。銀行はその点で消費者金融とはルールが違うので限度額の縛りはなく、希望限度額が100万円を超えていても収入証明書の提出が必要なく、上限がもっと高額な設定になっています。

 

どちらを利用すればいいのかは、個々の状況と借り入れの目的にもよりますが、希望する額が多いようであれば銀行の方がむしろ借りやすい場合もあります。逆に、一時的に小額の資金を借りたいのであれば、消費者金融の方が手軽で早い場合もあります。メリット、デメリットはそれぞれ違いますので、利用前には各社よく比較検討する事をおすすめします。

 

収入証明書はケースバイケースなのに対して、必ず提出の物もあります。それが本人確認書類です。本人確認書類は、ほとんどの人は運転免許証を利用しますが、免許を持っていなければ、他の公的機関発行の書類から証明できれば大丈夫です。例えば、その都度取得しなければなりませんが住民票なら問題ありませんし、パスポートや保険証など、住所、氏名、生年月日等が記載されているものであれば本人確認が可能です。

 

インターネットからの申込みが便利

本人確認書類がないと契約自体が不可能ですので、自動契約機等の店舗で契約する場合には忘れずに持っていくようにしましょう。最近ではインターネット環境が充実しているので、パソコンだけでなくスマートフォンからの申し込みも多くなっています。スマートフォンの場合には専用アプリを用意しているキャッシング会社もあり、アプリからそのまま書類の提出もできてしまいます。

 

キャッシングの契約をすると、後日書類やカードが郵送されてきますが、契約から借り入れ、利用明細の確認等をWEB上で全て行うようにすれば面倒な書類の提出や自宅への郵送物を省くことができるので、インターネット申し込みは人気があります。

 

インターネットでの契約は、どの会社でもできますが、中には書類もカードもない形でのWEB完結を提供している会社もあります。WEB契約は、もちろん即日キャッシングも可能ですが、審査ができる時間には限りがあります。特に夜の場合はまず電話で申し込みをしておいて、審査後の手続きをWEBで行うようにした方がより安心かもしれません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日